*

あしたばは健康によい食べもの

求められている健康によい食べもの

現在、日本の文化・経済の発達は著しく、もはや世界中でその頂点に達している感をもちます。

食生活も洋食、和食、中華はもとより、エスニック料理に至るまで、あらゆる種類の料理が、また、お酒やお菓子、果物なども世界各国の食べものが、全国どこにいても人手できるようになりました。

その結果お金さえ払えば、いつでもどんなものでも好きなだけ食べられる時代になっています。

まさに。飽食の時代”といっても過言でぱありません。

ところが、食生活が豊かになるにしたがって、栄養のバランスの偏りから生ずる病気が大きくクローズアップされるようになってきました。

日本人の三大死因であるガン、心疾患、脳血管疾患などの成人病はかなりの部分食生活を改善することにより防ぐことができるのです。

そこで、最近は、ただおいしいだけでなく健康によい食べもの、体力づくりに役立つ食べものなどに関心がよせられるようになってきました。

自然食品や無農薬野菜、有機栽培の野菜、無添加食品などを求める人たちが増えているのもその一つの現れでしょう。

生命力あふれるあしたば

あしたばの呼び名は「今日、葉を摘んでも明日には新しい葉を出す」ことから明目葉と名づけられたといわれています。

実際には一日や二日で新芽が出ることぱありませんが、それほど生命力が強いということなのです。

確かに他の植物と比べても繁殖力が旺盛です。

特に春先から初夏にかけての成長はめざましく、生命感にあふれています。この時期に収穫した新芽は栄養価も味も最高です。

関連記事

明日葉のその他の生理機能成分と効果

ゲルマニウムは土壌しだい かつて明日葉には大量のゲルマニウムが含まれている、といわれたことがあ

記事を読む

あしたばには、有効成分が含まれるネバネバの黄色い汁がある

明日葉の黄色い汁は防衛のため あしたばの茎をポキリと折ると、たちまち黄色い汁が溢れ出します。こ

記事を読む

あしたば と言えば八丈島

原産地は東京の島 八丈島 あしたばは房総半島、三浦半島、伊豆諸島を中心とした太平洋岸に自生して

記事を読む

あしたば とは

あしたば(明日葉)は、江戸時代にはあしたぐさ(都管草)、あいだぐさ(間草)、はちじょうそう(八丈草)

記事を読む

明日葉のカルコンと効果

注目される明日葉の「黄色い汁」カルコン 明日葉の茎や葉を折ると、そこから「黄色い汁」が出てきま

記事を読む

明日葉の効能、美容・健康効果

明日葉が女性に人気があるのはなぜ? 明日葉が女性と男性どちらに人

明日葉のその他の生理機能成分と効果

ゲルマニウムは土壌しだい かつて明日葉には大量のゲルマニウムが含

あしたばには、有効成分が含まれるネバネバの黄色い汁がある

明日葉の黄色い汁は防衛のため あしたばの茎をポキリと折ると、たち

明日葉のカルコンと効果

注目される明日葉の「黄色い汁」カルコン 明日葉の茎や葉を折ると、

あしたばは健康によい食べもの

求められている健康によい食べもの 現在、日本の文化・経済の発達は

→もっと見る

PAGE TOP ↑