*

明日葉の効能、美容・健康効果

明日葉が女性に人気があるのはなぜ? 明日葉が女性と男性どちらに人気があるのか、統計をとったわけではないので詳しくはわかりませんが、シビアな感覚をお持ちの女性に総じて人気があるように感じます。

続きを見る

明日葉のその他の生理機能成分と効果

ゲルマニウムは土壌しだい かつて明日葉には大量のゲルマニウムが含まれている、といわれたことがあります。 しかし、調べてみると、それは間違いといっていいほど含まれてはいなかったのです。

続きを見る

あしたばには、有効成分が含まれるネバネバの黄色い汁がある

明日葉の黄色い汁は防衛のため あしたばの茎をポキリと折ると、たちまち黄色い汁が溢れ出します。これを明日葉の立場で考えてみましょう。 明日葉にしてみれば、平和にのどかに生えていたら突然人間が

続きを見る

明日葉のカルコンと効果

注目される明日葉の「黄色い汁」カルコン 明日葉の茎や葉を折ると、そこから「黄色い汁」が出てきます。 ネバネバして、手や衣類につくとなかなか取れません。 これはかなり強力な色素で、明日

続きを見る

あしたばは健康によい食べもの

求められている健康によい食べもの 現在、日本の文化・経済の発達は著しく、もはや世界中でその頂点に達している感をもちます。 食生活も洋食、和食、中華はもとより、エスニック料理に至るまで、あら

続きを見る

あしたば と言えば八丈島

原産地は東京の島 八丈島 あしたばは房総半島、三浦半島、伊豆諸島を中心とした太平洋岸に自生しているセリ科の大型多年草です。 原産地は伊豆諸島の八丈島とされていますが、伊豆諸島の島々では、ど

続きを見る

あしたば とは

あしたば(明日葉)は、江戸時代にはあしたぐさ(都管草)、あいだぐさ(間草)、はちじょうそう(八丈草)とも呼ばれていました。 あしたばは学名をアングリカーケイスケイといいます。セリ科に属する日本固

続きを見る

成人病の主因は偏った栄養

日本の経済が成長するにつれ、私たちの生活様式、すなわちライフスタイルも大きく変わってきています。 容易に調理できるインスタント、レトルトなどの加工食品が大幅に増え料理時間も短縮されるようになって

続きを見る

不足しがちなビタミン、ミネラル

インスタントやレトルートなどの加工食品の摂取による、脂肪分や塩分のとり過ぎとは逆に、ビタミン、ミネラルの不足が問題になっています。 その中でもカルシウムの不足が特に目立ちます。 カルシウム

続きを見る

あしたば、話題の成分がいっぱい

あしたばの根や茎を折ると、その切り口からネバネバした黄色の汁が吹き出してきます。 これは、あしたば以外のセリ科の植物では見られないことです。 セリ科の植物はその外観がどれもよく似ているため

続きを見る

あしたば 多彩な栄養素を含む

あしたばに黄色の特異な成分が含まれていることを説明しましたが、一般的な成分についてはどうでしようか? 日本食品分析センターで検査されたあしたばの乾燥葉の含有成分表を見てみましょう。 あした

続きを見る

あしたばには、現代人に不足がちな食物繊維がいっぱい

最近、第六の栄養素といわれ、注目されているのが食物繊維です。 あしたばにぱ食物繊維がほうれんそうの約二倍も含まれています。 便秘になると大腸内に便が長く留まり、細菌によって異常発酵が起こり

続きを見る

あしたばには、注目されるカロチンも多い

あしたばには、この食物繊維に加え、カロチンや、ビタミン類なども多く含まれています。 次真のあしたばと他の野菜との栄養分比較表を見てみましょう。 カロチンはにんじんの約半分の量が含まれており

続きを見る

ガン予防に役立つあしたば

発ガン現象は一丁ご一段階からなり、まず、正常細胞を潜在性細胞に変化させる初発段階(イニシエーション)かおり、この時に働く物質をイニシエーターといいます。 この段階でイニシエーターが遺伝子のDNA

続きを見る

胃にもいいあしたば

伊豆諸島のことわざの一つに「あしたばは胃の薬である」というのがあります。 そこで、あしたばの胃腸に対する作用を検討してみました。 胃の調子のよくない時に、まず起こるのが食欲不振です。

続きを見る

血栓を予防するあしたば

最近、あしたばの成分として、ちょっと変わった形のカルコンを見っけました。 そして、これにキサントアングロールEと名づけました。 この化合物は、構造の中に、ハイドロパーオキシ基部分をもってぃ

続きを見る

抗菌作用のあるあしたば

あしたばのことわざの一つに「皮膚病で化膿したものにあしたばの黄色い汁をぬると治る」というのがあります。 化膿は皮膚の傷口に化膿菌が繁殖し、膿をもって炎症を起こしている状態です。 そこで、あ

続きを見る

貧血にも欠かせないあしたば

人体の総鉄量は約5gであり、そのうちの約三分の二は血液中のヘモグロビンに存在しています。 ヘモグロビンは体中へ酸素を運搬する役目をしています。 赤血球を作る材料となる鉄分が不足すると、ヘモ

続きを見る

便秘を改善するあしたば

便秘とは、少なくても三日以上便通のない場合をさします。 しかし人によって愁訴が異なり、三日以トたっても不快感がない人、反対に一日でも非常に不快を感じる人などがいます。 便秘は腹痛、腹部膨張

続きを見る

エイズにも効果のあるあしたば

エイズはウイルスによって起こる病気で、その病原体はHIV(ヒト免疫不全ウイルス)と呼ばれるウイルスです。 その大きさは直径0.1マイクロメータで最も小さい微生物群に属します。 ウイルスは細

続きを見る

さまざまな食効が期待できる あしたば

これまでは科学的に証明されているあしたばの効果についてをお話ししましたが、このほかにもまだ科学的には解明されていませんが、経験的にいくつかの食効が知られています。 あしたばの食効 ・肝臓の機能

続きを見る

明日葉の効能、美容・健康効果

明日葉が女性に人気があるのはなぜ? 明日葉が女性と男性どちらに人

明日葉のその他の生理機能成分と効果

ゲルマニウムは土壌しだい かつて明日葉には大量のゲルマニウムが含

あしたばには、有効成分が含まれるネバネバの黄色い汁がある

明日葉の黄色い汁は防衛のため あしたばの茎をポキリと折ると、たち

明日葉のカルコンと効果

注目される明日葉の「黄色い汁」カルコン 明日葉の茎や葉を折ると、

あしたばは健康によい食べもの

求められている健康によい食べもの 現在、日本の文化・経済の発達は

→もっと見る

PAGE TOP ↑